イメージ画像
TOP>海外から格安で電話する方法

海外から格安で電話する方法

私は、海外出張のとき、携帯電話も持っていきます。携帯電話については、以前は携帯電話をレンタルしたり、海外専用の携帯電話を持たされたりしていました。

海外用携帯電話をレンタルする場合は国際ローミングとは違い接続は安定していますが、通信料は、国際ローミング同様に着信料金も請求されます。 そのため、海外滞在中はメールが多いので、海外WiFiルーターをレンタルして、携帯電話は緊急電話として利用しています。

また、最近では、固定電話にも格安で通話ができる050 plusも利用しています。通話料金もWIFI経由なら日本と変わりないですし、格安ですのでおすすめです。

海外へ携帯を持っていく方法として、おすすめの方法は、現地に事務所や工場がある場合は、料金を比較して現地の方が安ければ、携帯電話は現地法人で契約してもらう方法がおすすめです。私の勤めている会社はタイと中国に工場と事務所がありますが、現地で購入してもらった携帯電話を日本で保管、管理して出張時に持っていきます。 料金は、現地法人で支払ってもらっています。それ以外は、以下の方法になりますね。

SIMフリーのスマートフォン(携帯電話)を買って、現地で使えるプリペイドSIMカードを買う
今では、いろいろな方のブログで現地でプリペイドSIMを購入する方法が公開されています。英語は必須ですが、現地料金プランや販売している場所を出発前に確認したほうが良いでしょう。SIMフリーのスマホやルーターは、携帯電話会社やAmazonなどでも購入可能です。デメリットとしては、プリペイドSIMを買うまでは、WiFiや通話が利用できないことです。また、購入店で認証作業など使える状態まで設定してくれればよいですが、自分で設定を行う場合は、以外に面倒かもしれません。

海外用携帯電話をレンタルする
今は、業者により電話本体が無料で利用した通話料を支払うだけの業者もあります。手続きも簡単ですし、現地到着後すぐに使えるメリットがあります。携帯電話のレンタルとなるので、電話がメインの方におすすめです。

特徴を簡単にまとめると以下になります。

・現地回線を使うので、国際ローミングとは違い回線が安定している
・国内の携帯電話会社のように分単位ではなく秒単位で課金されるのでトータル金額が安くなることが多い。
・通話のみでメールはできない。そのため、逆にメールをメインに使いたい方は、WiFiルーターのレンタルがおすすめです。

代表的な海外携帯電話のレンタル業者
テレコムスクエア:海外携帯電話大手です。本体レンタル料金は無料です。
グローバルセルラー:本体レンタル100円/日でレンタルできます。

ちなみにテレコムスクエアのようにルーター機能が付いたスマートフォンもレンタルできます。ルーター機能があればWiFiで接続できるPC, タブレット端末も接続できるので便利です。

海外WiFiレンタルと海外WiFi関連メニュー

海外WiFiレンタル料金比較 海外WiFiレンタルの使い方 海外USBルーターレンタルの料金比較 海外WiFiレンタル国別詳細 海外WiFiレンタルの口コミ 海外から格安で電話する方法 海外WiFiでよくある質問 海外WiFiおすすめの接続方法は? GLOCAL NET(グローカルネット) モバブロ

海外WiFiレンタル国別料金比較表

TOP>海外から格安で電話する方法

このページの先頭へ