海外WiFi, 海外WiFiレンタル情報、海外プリペイドSIMカード、海外旅行関連情報など

menu

モバブロ

海外でも録画した番組をスムーズに見る方法を考えると、現時点では、ブルーレイディスクレコーダーに録画して、専用のスマホ用アプリで視聴する方法が一番かと感じます。ちなみに海外ではティーバー(TVer)は見れません。

ただ、そのまま録画した番組を海外で見る場合、パケット通信量の問題、ホテルや空港などの無料Wi-Fiでも通信環境により、番組再生がスムーズではないこともあります。私の場合、パナソニックのブルーレイディスクレコーダーDIGAを持っていますが、容量がいっぱいになったので、新たにブルーレイディスクレコーダーを買うことに。

選んだ機種は、使い慣れたパナソニックのDIGA(ディーガ)。最近の機種は、スマホに録画した番組をダウンロードして見れるので選びました。購入した機種は、UBZ1020をAmazonで買いました。2016年11月18日現在、ヨドバシ、ビックカメラ、他のネットショップよりAmazonが安かったです。

UBZ1020

UBZ1020を買ったときの画像

録画した番組をスマホにダウンロードができるようになったので、海外を含めた外出先や通勤中の電車内で録画した番組をオフラインで見ることができますので、通信環境に左右されずスムーズに録画した番組が再生されます。今までは、通信環境が悪いと再生中にエラーが出て録画一覧画面に戻ったり、再生中にフリーズすることがありイライラしたことも(笑)。あとは、PCから視聴もできるようですが、月200円の有料版アプリになっています。

どこでもスマホ

スマホ用アプリの画像です。アンドロイド版とiOS版があります。

DIGA UBZ1020で気になった機能としては、

・4K対応の次世代ブルーレイディスク規格、Ultra HD ブルーレイに対応。

・音楽CDも取り込める。ハイレゾリマスター機能で高音質の音楽を楽しめる。

・以前からの機能ですが、複数台のディーガ(DIGA)を持っている場合は、1つのリモコンで複数台が動作するのを防ぐための設定機能があります。

・これも以前からの機能ですが、外出先でも放映中の番組が見れます。iPhoneのようにワンセグが使えないスマホには便利です。(パケット通信量に注意が必要です。)

注意点としては、iPhoneなどスマホに番組を「あとで見るリスト」に追加した後に録画した番組をダウンロードできますが、録画時間によりダウンロードする時間がかかります。

関連記事

海外WiFiレンタル人気国ランキング

1位:アメリカ本土
2位:ハワイ
3位:台湾
4位:ベトナム
5位:香港
6位:韓国
7位:シンガポール
8位:マレーシア
9位:タイ
10位:イタリア

Twitter