イメージ画像
TOP > 海外WiFiレンタル国別詳細 > 中国向け海外WiFiレンタルの料金比較

中国向け海外WiFiレンタルの料金比較

中国向けのWiFiルーターをレンタルする場合の料金比較をまとめています。
*複数機器を同時に接続したい、移動中に地図アプリを使いたい方におすすめ。
*各海外WiFiルーターレンタル業者の早割、タイムセールスは、海外WiFiレンタル料金比較のページをご覧ください。
*ジャパエモは、10日以内も料金は同じです。データ容量は、15日で1GBから。
サービス名(業者名) グローバルWiFi イモトのWiFi Wi-Ho エクスモバイル  ジャパエモ 
通信費用 670円100円
1,270円200円(4G)
680円520円
1,220円700円(4G)
680円37円(4G) 850円(4G) 5,980円(4G)
7日/2GB
*SNS対応
大容量(1日500MB)  970円200円(3G)
1,270円430円(4G)
1,220円880円(4G) 980円377円(4G) 1,100円(4G)  
SNS対応プラン    500MB/日
1,480円(4G) 
    対応済
 VPN対応 735円(VPN)
633円(VPN,4G)

500MB/日
805円(VPN)
640円(VPN,4G)
 300円/日加算    
大容量(1日1GB)  520円(4G) 1,280円(4G) 826円377円(4G)    
*エクスモバイルでは、30日有効な容量型データパックがあります。容量の追加もできますので長期滞在者向けのプランになります。
中国:2GB:4,000円、4GB:6,800円、6GB:8,800円

受取手数料や補償料金など
サービス名 グローバルWiFi イモトのWiFi Wi-Ho  エクスモバイル ジャパエモ
空港受取手数料 540円⇒無料 540円⇒無料 無料 540円 不可 
宅配受取/返却  受取:500円⇒無料
返却:実費
受取:無料
返却:実費
受取 : 無料
返却:実費
受取:540円⇒無料
返却:実費
無料
補償料金  216円~ 216円~ 216円 レンタル料金の15% 1,500円
充電器 216円 216円 216円 340円 500円
私は、今まで上海、成都、重慶、西安、広州、中山、杭州、昆明へ行ったことがあります。インフラ整備がかなり急ピッチで進んでいる印象です。通貨は、元(RMBまたはCNY表示)。両替は、空港や銀行でできますが、両替したときの書類控えは、保管しておきましょう。円に戻す時に、提出するように言われたことがあります。

水道水は、飲めませんが、ホテルに無料のミネラルウォーターが置いてあるところが多いです。ただ、スーパーマーケットなどでミネラルウォーターは買っておきましょう。

電圧は、220V/50Hz(日本は100V/50 or 60Hz)ですので、日本仕様の電化製品を現地で使う場合は、旅行用の変圧器が必要です。コンセントが差しこめない場合のために、マルチ変換プラグも念のため持っていきましょう。

都心部では、インターネット環境もだいぶ整備されていると思います。ただ、都市部から離れるとホテルでもインターネットができないところがまだ多いのですね。インターネットができたとしてもWiFiではなく有線LANが多い印象です。

携帯電話は、都市部から離れていても問題なく使えます。もちろん、海外WiFiルーターのレンタルは、ホテルでインターネットが利用できない場合は、便利です。

最近では、中国都市部へ行くよりも人件費が安い地方の協力工場へ行くことが多いのですが、ホテルではクレジットカードが使えないところもまだ多いので、現金を多めに持って行ったほうがよいでしょう。地方のレストランや屋台など衛生面に不安があるところはまだ多いので、胃腸が弱い方は注意しましょう。

海外WiFiレンタルの口コミ

海外WiFiレンタルを利用された方々の口コミをまとめてみました。

グローバルWiFiの口コミ

利用機種:iPhone 利用場所:中国本土 目的:海外出張
仕事で中国の田舎のほうまで行くので充電できるポイントが少ないため、ここ数年の年に2回ほどの海外出張で何社か利用してリピートしようと思ったのがグローバルWiFiでした。某他社製品は3時間で充電切れを起こし仕事で使いたいアプリが使えなくなったりし困りましたがグローバルWiFiは充電の持ちがよく朝から仕事終わすまで使えて、電波状況も良好だった点がすごくよかったです。レンタルする際のカウンターの接客も良いです。あえてデメリットを言うなら充電の持ちがよいためか少々大きめで重量があります。仕事で持ち歩く分にはそこまで支障はないけれども、テーマパークなど遊び目的の場合は重いことを覚悟して借りたほうが良いのかなと思いました。

>>グローバルWiFiの公式サイト

イモトのWiFiの口コミ

利用機種:iPhone 利用場所:中国本土 目的:海外出張
大連へ行きましたが、少し都心から離れると電波が入らないことがあり、少し困りました。ただホテルなど都市部ではある程度はしっかりと問題なく使用することが出来ました。価格的にもお手頃な値段であり助かりました。また、関西国際空港にて当日、急遽借りましたが、非常に窓口の方々も親切でスムーズに貸し出しをしていただき助かりました。返却時も時間がかかることもなく、領収書などの発行についても間違いなくスピーディーな対応を頂き感謝しております。今後の海外出張時にも利用したいと思いました。また、この価格であればプライベートの旅行などでも利用したいと思うところです。地方でももう少し改善していただけるとなおベターですね。

利用機種:iPhone 利用場所:中国本土 目的:海外旅行
上海旅行の時に海外WiFiレンタルを利用しました。申し込みは、はネット予約して空港で受け取りました。中国ではグーグルやツイッター、フェイスブックなどのSNSは使えないと思っていましたが、何の問題もなく使用できました。機材をレンタルすると、変換プラグを追加でレンタルする必要がなくとてもコスパが良いように感じます。さらに、Wifiを返却するときは空港に設置されている箱の中にいれるだけで完了になります。直ぐに領収書などが欲しい場合はカウンターに行き返却する必要があります。接続方法も簡単で、中に入っている指示通りにすれば5分以内に接続する事ができるので大変ありがたいです。また利用したくなります。

>>イモトのWiFiの公式サイト

中国WiFi事情|ホテルは無料でWiFiできるところが多い

中国へは、10年以上前から出張しています。中国出張や中国旅行で、自分のスマホやタブレット、ノートパソコンを使いたい場合は、出発前に日本で用意しておいたほうが良いでしょう。以下まとめます。

1.海外WiFiレンタル
このサイトで紹介している海外用WiFiレンタルは、やはり初心者の方や機器の設定が苦手な方におすすめです。中国到着後にルーターのスイッチを入れてパスワードを入れるだけですからね。ただし、中国移動など中国本土のSIMカードが入っているので、Google, LINE, Facebook等は、中国国内での利用が規制されているので利用できません。

海外WiFiレンタル機器
エクスモバイル中国・昆明・成都・寧波編
テレコムスクエア中国・寧波編
ジャパエモ中国・昆明、厦門編

2.プリペイドSIMカード
SIMフリーのスマホ、タブレット、WiFiルーターを持っている方におすすめです。場所により空港でも買えるところもありますが、中国で規制されているGoogle, Facebook, Line, Twitterなどを利用したい方は、Amazonで売っている香港系のプリペイドSIMカードMを出発前に購入されるとよいでしょう。以下、ページもご参考にしてください。

中国語や英語が苦手な方
香港CHINA UNICOMのプリペイドSIMカードの口コミレビュー

中国語が話せる方
中国でプリペイドSIMカードを買う方法、China UnicomとChina Mobile編

香港のプリペイドSIMカード

3. ホテル
ホテルでは、有料または無料のWiFiができるところが増えています。ただし、通信が不安定だったり等使えない可能性もあります。また、暗号化されていないホテルのWiFiもあるので、注意しましょう。

4.海外パケ放題など海外パケット定額サービス
各携帯電話会社が提供している海外パケット定額サービスですが、非常用として上記3つが使えない時の最終的な通信方法としてのご利用がおすすめです。

こんなところでしょうか?中国は、都市部の通信環境はよいのですが、滞在される地域により携帯電話の電波が悪く使えないことも多いです。ちなみに私は上海など都市部よりも人件費が安い地域の工場へ行くことが多いので、携帯電話の電波が悪かったり、WiFiも使えないホテルに滞在することがよくあります。そのときはお手上げですね。
TOP > 海外WiFiレンタル国別詳細 > 中国向け海外WiFiレンタルの料金比較

このページの先頭へ