イメージ画像
TOP海外WiFiレンタル国別詳細>香港向け海外WiFiレンタルの料金比較

香港向け海外WiFiレンタルの料金比較

香港向けのWiFiルーターをレンタルする場合の料金比較をまとめています。
*複数機器を同時に接続したい、移動中に地図アプリを使いたい方におすすめ。
*各海外WiFiルーターレンタル業者の早割、タイムセールスは、海外WiFiレンタル料金比較のページをご覧ください。
*ジャパエモは、8日以内も料金は同じです。データ容量は、8日で3GBから。
サービス名 グローバルWiFi イモトのWiFi Wi-Ho エクスモバイル ジャパエモ
通信費用 870円200円(4G) 680円510円
920円730円(4G)
680円239円(4G) 650円(4G) 4,280円
8日/3GB 
大容量(1日500MB)  940円380円(4G)  1,260円(4G) 980円360円(4G)  750円(4G)   
大容量(1日1GB) 1,170円560円(4G) 1,880円(4G) 1,180円530円(4G)    

受取手数料や補償料金など
サービス名 グローバルWiFi イモトのWiFi Wi-Ho エクスモバイル ジャパエモ
空港受取手数料 540円⇒無料 540円⇒無料 無料 540円 不可 
宅配受取/返却  受取:500円⇒無料
返却:実費
受取:無料
返却:実費
受取 : 無料
返却:実費
受取:540円⇒無料
返却:実費
無料 
補償料金  216円~ 216円~ 216円 レンタル料金の15% 1,500円 
充電器 216円 216円 216円 340円 500円 
香港の空港からは、エアポートエクスプレス、エアポートバス、無料バス、タクシーでホテルへ行く方法が一般的です。

通貨は、香港ドル(HKD)。時差は、-1時間です。電圧は、香港には、5回ほど行きましたが、屋内は、冷房がきいている場所が多いので、外との温度差で体調を崩す場合があるので注意が必要です。

電圧は、220V/50Hz(日本:100V/50,60Hz)です。プラグは、イギリスと同じBFタイプなので、マルチ変換プラグでも使えないものが多いので購入時注意しましょう。

ただ、ホテルの部屋には、マルチタイプのコンセントがあるところが多いので、日本のコンセントをそのまま利用できます。パソコンや電子機器が100Vから240V対応の場合は、変圧器は不要です。

BFタイプのプラグBFタイプのプラグ
プラグは、BFタイプです。マルチ変換プラグは、上の写真のように分離して使います。

香港のWi-Fi事情

1.無料Wi-Fiスポット
香港国際空港
香港国際空港

香港は、無料Wi-Fiが充実しています。Wi-Fi.HK(香港政府施設、コンビニ、電話ボックス、ファーストフード店など), GovWiFi(図書館、公園、文化施設、運動施設など)、地下鉄、空港、ホテルなど。どの国も同様にWiFiスポットへ行く必要があるのと、利用されている方が多いと通信が不安定になったり、通信速度が遅くなることがあります。

香港では、WiFiもかなり普及しています。ホテルでも利用できるところが多いですが、移動中に利用したい場合は、WiFiルーターのレンタルがおすすめですね。

2.プリペイドSIMカード
香港国際空港内中国移動の店舗
香港国際空港にある中国移動通信の店舗。中国本土、香港のみならデータ通信のみ利用される方におすすめ。

香港国際空港内にある1010
香港国際空港内にある1010でcsl.のプリペイドSIMカードを買えます。通話付きのSIMがおすすめ。

中国移動通信のプリペイドSIMカード
中国移動通信のプリペイドSIMカード

csl.のプリペイドSIMカード
csl.の5日用プリペイドSIMカード

空港内のキャリア店舗、セブンイレブン、電気屋で中国移動とcslなどのプリペイドSIMカードが簡単に購入できます。日本でもAmazonなどから購入できます。私は、中国本土へ出張する場合は、日本で購入しています。中国では、Google, Line, Facebookなどメジャーなウェブサービスはアクセスもできませんが、香港のプリペイドSIMカードなら問題なく利用できるためです。

参考ページ:
香港国際空港で中国移動香港プリペイドSIMカード購入方法
香港国際空港でcsl.のプリペイドSIMカード購入方法

TOP海外WiFiレンタル国別詳細>香港向け海外WiFiレンタルの料金比較

このページの先頭へ