海外WiFi, 海外WiFiレンタル情報、海外プリペイドSIMカード、海外旅行関連情報をまとめているブログです。

モバブロ|海外旅行前に知っておきたい海外WiFi・モバイル情報

コラム

Amazon Echo(アマゾンエコー)でできること、設定方法は?

更新日:

スマートスピーカー、Amazon Echo(アマゾン・エコー)が安くなっていたので、Echo Dot(第3世代)を3,240円(参考価格:5,980円)で買いました。

Amazon Echo(アマゾンエコー)
Amazon Echo(アマゾンエコー)には、スマートスピーカー本体、AC/DCアダプター、簡単な説明書のみ。

今のところ、テレビや照明など家電との連携は考えていません。

買った目的は、Prime会員なので音楽再生用、天気予報、交通情報(JRの運行情報)、ニュースなど情報の読み上げ、Kindle(電子書籍)の朗読、翻訳などいろいろ使えそうだったので。

とりあえず、Amazon Echo(アマゾンエコー)のセットアップ方法をまとめてみました。

Amazon Echo設定方法

iPhone用アレクサアプリ

1.スマホでセットアップする場合は、Alexaのアプリをダウンロードします。

2.Amazon Echo(アマゾンエコー)を起動します。

3.Amazon Echo(アマゾンエコー)をWi-Fiに接続します。

4.Alexaに話しかけて反応するか確認します。

Amazon Echo にスキルを追加する方法

Amazon Echoにスキルを追加するには、アプリから行います。私は以下のスキルをインストールしました。

ニュース系スキル

・Yahoo!ニュース:「アレクサ、ヤフーニュースを開いて」
・NHKニュース:「アレクサ、今日のニュースは?」
・日経新聞電子版:「アレクサ、今日のニュースは?」

情報系スキル

・JR東日本 列車運行情報案内:「アレクサ、JR東日本の山手線を調べて」など

・Yahoo!路線:「アレクサ、ヤフー路線で●●線の遅延を教えて」など

音楽系スキル

・528究極の癒しミュージック:「アレクサ、ごーにーはち を開いて」など ・海の子守唄:「アレクサ、海の子守唄を開いて」

Amazon Echo用のスキルは、たくさんの種類がありますのでライフスタイルに合わせた必要だと思うスキルをインストールしましょう。

Amazon Echo(アマゾンエコー)は電源入れっぱなしでいいの?

Amazon Echo(アマゾンエコー)
Amazon Echo(アマゾンエコー)

Amazon Echoは電源入れっぱなしでもいいのか少し考えました。Echo本体にもスイッチはありませんので、電源を切る場合は、コンセントからAC/DCアダプターを抜かなければなりません。

実際に購入された方には、電気代がもったいないと考える方も多いはず。ただ、Amazonエコーは、ルーターなどのように電源を入れっぱなしで使っている方がほとんど。音声対応を遮断したい場合は、マイク/のボタンを押せばマイク昨日が停止されます。

Amazon Echo(アマゾンエコー)のスピーカーの音質は?

Amazon Echo(アマゾンエコー)

音楽を聴くときは、Echoの音質が悪ければ、BOSEのBluetoothスピーカーに接続しようと思いましたが、Echoのスピーカーでも部屋でながら聞く程度なら特に問題ないと思います。

もともとAmazon Musicの音質は、itunesやCDから取り込んだ音質に比べると良くないですからね。

Amazon Echo(アマゾンエコー)の翻訳機能は?

44の言語に対応しています。私は、iPhone6SのSiriではできない、「Alexa, ●●は中国語でなんて言う?」など語学勉強にも使えそうだと思い買いました。Siriは英語のみかも。

ちなみに「Alexa,●●はベトナム語でなんて言う?」と質問したら「ベトナム語は対応していない」との返事でした。ベトナム語の勉強で使えると思いましたが残念。

Kindle本の朗読機能は?

Kindle本の朗読機能は便利だと思いましたが、アクセントが微妙なので内容が入ってこないです(笑)。音声で本を聴きたい場合は、オーディオブックのほうがおすすめですね。

まとめとしては、Kindle本の朗読機能以外は、特に不満がないので買ってよかったです。将来は、家電にも接続したいと思います。

Amazon Echoを検索してみる

-コラム
-,

Copyright© モバブロ|海外旅行前に知っておきたい海外WiFi・モバイル情報 , 2019 All Rights Reserved.