アジア・ヨーロッパ・世界周遊用プリペイドSIMカードのおすすめは?

Sponsored Link

久々にスイスとフランスに出張することになり、SIMロック解除したiPhone用のプリペイドSIMカードをamazon.comで取り寄せてみました。

タイAISのプリペイドSIMカードで世界62カ国で使え、15日間4GBまで利用できるSIMカード

タイAISのプリペイドSIMカードで世界62カ国で使え、15日間4GBまで利用できるSIMカード

今回購入したのは、タイAISのプリペイドSIMカードで世界62カ国で使え、15日間4GBまで利用できるSIMカードです。SIMは、通常サイズ、microサイズ、nanoサイズに対応。

世界で使えるAISのプリペイドSIMカードの設定方法

設定方法は、簡単でiPhoneの場合、SIMフリーまたはSIMロック解除したiPhoneにSIMカードを入れます。その後、設定→モバイルデータ通信→データローミングをオンにして完了です。自動で設定されない場合は、以下APNを入力します。

名前:AIS(好きな名前)
APN:internet
ユーザー名:空欄
パスワード:空欄
認識方式:CHAP

Androidスマホでしたら、SIMカードを本体に入れた後にAPN設定が必要になります。設定→モバイルネットワーク→データローミングをON→アクセスポイント名をタップして、右上のメニューから新しいAPNを選択して、以下APNを入力します。

名前:AIS(好きな名前)
APN:internet
ユーザー名:空欄
パスワード:空欄
認識方式:CHAP

上記入力後にメニューボタンをタップして保存をタップして完了です。

タイAISのプリペイドSIMカードをスイスとフランスで使ってみた

今回AISのSIMカードを買った理由は、SIMロック解除したソフトバンクのiPhone6sで利用できるかどうかの確認もあったので、出発前に自宅でAPNなどの設定をしていきました。APN設定後にローミングをONにしたら無事に開通。スイスのチューリッヒ到着後にiPhoneの電源を入れて問題なく使えることを確認。キャリアは、swisscom, フランスではSFRでした。

スイスではswisscomでした。

スイスではswisscomでした。

 

フランスではSFRでした。

フランスではSFRでした。

フランスのストラスブールでも問題なく使えました。スイスとフランス滞在時は、3Gと表示されることもありましたが、Googleマップやメールの送受信については、それほど遅いとは感じませんでした。

タイAISのプリペイドSIMカードの利用可能国

2017年10月現在の利用可能国は、以下になります。

【ヨーロッパ】
アイルランド  イギリス  イタリア  エストニア
オーランド諸島  オーストリア  オランダ  ギリシャ
クロアチア  スイス  スヴァールバル諸島および ヤンマイエン島
スウェーデン  スペイン  スロベニア  セルビア
チェコ  デンマーク  ドイツ  ノルウェー  ハンガリー
フィンランド  フランス  ベルギー  ポルトガル
マケドニア共和国  リヒテンシュタイン  ロシア

 

【アジア】
アジア  インド  インドネシア  韓国
カンボジア  シンガポール  台湾  日本
ネパール  フィリピン  香港  マカオ
マレーシア  ミャンマー  ラオス

 

【オセアニア】
オーストラリア  ニュージーランド

【アメリカ】
アメリカ (サイパン・グアムは除く)
カナダ  コロンビア  メキシコ

【中東】
アラブ首長国連邦  イスラエル  オマーン
カタール  トルコ

 

【アフリカ】
南アフリカ共和国

ヨーロッパでも特に問題なくデータ通信が利用できたので通信手段の1つとしてタイAISのプリペイドSIMカードもおすすめです。

★最後までお読みいただきありがとうございました。ブログランキングに参加していますのでクリックしていただけると助かります。
にほんブログ村 旅行ブログへ

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ