タイAISプリペイドSIMカード購入方法まとめ

Sponsored Link

タイのキャリアは、AIS、DTAC、TrueMoveの3社です。タイ駐在の人からいつも薦められるのは、AISまたはTrueMoveです。今回は、AISプリペイドSIMカードの購入方法についてタイに駐在の方に協力してもらいまとめてみました。

AISのプリペイドSIM

出発前に通信手段を確保されたい方やNTTドコモ、au、ソフトバンクなどSIMロックされたスマホしか持っていない方は、タイ向け海外WiFiレンタルがおすすめです。SIMフリーのスマホやタブレットをお持ちの方は、Amazonでもタイで使えるプリペイドSIMカードが安く買えます。

タイ・スワンナプーム国際空港でAISのプリペイドSIMを買う方法

タイ・スワンナプーム国際空港でAISのプリペイドSIM
いつも混雑していますが、バンコクのスワンナプーム国際空港でもAISやTrueMoveなどの旅行者用のプリペイドSIMカードが買えます。市内AIS店舗で買う通常の料金プランよりも高いですが、すぐに電話やデータ通信を利用したい方におすすめです。

買い方は簡単でプラン(データ量、利用できる日数)を伝えれば、慣れた店員さんがAPN設定など使えるように設定してくれます。空港なので、もちろん英語も通じます。

希望するプランを選んだあとに、パスポートを用意し、スマホの言語を英語にしておきます。あとは、店員さんが使えるようン設定し、支払えば完了です。

AIS店舗でプリペイドSIMを買う方法

AIS店舗
長期駐在の方は、市内のAISの店舗で購入する方法がおすすめです。購入手順は以下になります。

1.APNなど設定をしてもらうため、スマホの言語を英語に切り替えておく。

2.店舗で順番を待つ。

3.店舗スタッフに英語が話せるか聞く。

4.希望するプランを選ぶ。

5.通話付きのSIMの場合、電話番号を選ぶ。

6.パスポート、スマホを渡してAPN設定をしてもらう。

7.料金を支払う。

トップアップ時は、パスポートは不要です。店舗スタッフにトップアップをしてもらうか、設置してあるトップアップ機でもできます。ちなみにトップアップ機は、コンビニや駅にも置いてあるところがあります。

タイAISのAPN設定は?

空港や店舗で買えば店員さんが設定してくれるので不要ですが、参考までAISのAPN設定は以下になります。

APN名:AISなど適当に
APN:internet
ユーザ名:空欄
パスワード:空欄


AISからメッセージを受信します。

タイAISを含めプリペイドSIMカードの料金プランは、たくさんありますので、旅行や出張でしたら有効期限7日や10日などの旅行者用のプリペイドSIMカードを空港で買う方法を検討してみましょう。

また、バンコクのスワンナプーム国際空港でAISなどのプリペイドSIMカードを買う場合、店舗が混雑していることが多いので、海外旅行のツアーや急いで移動しなけばならない場合は、タイへ出発前にAmazonでもタイで使えるプリペイドSIMカードタイ向け海外WiFiレンタルがおすすめです。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ