中国でプリペイドSIMカードを買う方法、China UnicomとChina Mobile編

Sponsored Link

中国联通(China Unicom)プリペイドSIMカード入手方法

中国国内では、SIMフリースマホで、SIMはプリペイド式が主流です。安価にそして簡単に手に入れられます。このページでは、中国在住者に協力してもらい中国联通(China Unicom)のプリペイドSIMカードの購入方法をまとめています。中国で買う場合は、LINE, Goole関連サービス(Gメールなど)、Facebook、Twitterが利用できませんので、これらSNSやGoogleを中国でも利用されたい方は、海外WiFiレンタルのVPN対応機種のレンタル、またはSIMフリーのスマホを持っている方は、香港China Unicom等のプリペイドSIMカードを海外旅行または海外出張前にAmazonなどで買う方法もおすすめです。

中国国内には、オレンジ色の看板が目印の中国联通(China Unicom)の代理店店舗がたくさんあります。

中国联通(China Unicom)

中国联通(China Unicom)プリペイドSIMカードの購入方法

中国联通(China Unicom)プリペイドSIMカード

SIMカードが欲しいことを伝えるとカウンターへ案内されます。1年・2年契約の場合、月々一定の支払いを行うと中華スマホをもらえるそうです。

中国联通(China Unicom)プリペイドSIMカードの料金プラン

中国联通(China Unicom)プリペイドSIMカード

中国滞在中のみ使用するので、「流量王」というデータ通信プランがおすすめ。毎月の支払いは18元で2GBデータ通信量と100分の国内通話料が含まれています。本人確認には、パスポートの提示と、パスポートを顔の横に持った状態での画像撮影が必要です。やや厳格に思える身分証の確認方法ですが、中国では一般的です。

中国联通(China Unicom)プリペイドSIMカードの購入方法手順

中国联通(China Unicom)

1.スタッフさんにSIMカードが欲しいことを伝えます。
2.希望するプランを選び、パスポートを提示します。その後、料金を払います。
3.スタッフさんがパソコンにパスポート番号や住所など必要事項を記入します。
4.パスポートのコピーをスタッフさんが取りに行きます。
5.本人確認のため、パスポートを顔の横にもって写真撮影をします。
6.SIMカードを挿入して、完了です。

日本帰国時はどうなる?

月々18元の料金は、SIMカードにチャージした料金から支払われます。契約したSIMカードと携帯番号を維持したいなら、日本帰国前にSIMカードに必要な数カ月分の料金をチャージしておけば、次回中国で使用することが可能です。ただ、中国は少しでも支払いが遅れると、すぐに契約が抹消されてしまい、携帯番号を使用できなくなるので注意が必要です。

中国联通(China Unicom)プリペイドSIMカードを使ってみた感想

4Gプランはデータ通信も安定していて、地図アプリもサクサク開きます。100分の通話も日常使いなら十分足ります。ユニコムアプリをダウンロードすれば、自分の現在の使用状況を確認することができます。


アプリの画面

中国移動(China Mobile)プリペイドSIMカード購入方法

中国移動(China Mobile)

続いては、中国移動(China Mobile)プリペイドSIMカードの購入方法についてまとめます。

中国移動(China Mobile)プリペイドSIMカード購入方法

中国移動(China Mobile)

最近は、実名登録が必要なので、必ずパスポートの提示が必要です。顔の横にパスポートを持った状態で、写真撮影をして本人確認することが求められます。SIMカードのみ以外にスマホセットプランもあります。

中国移動(China Mobile)プリペイドSIMカードの料金プラン

プリペイドSIMの「飛享セット」は4Gのネットが100MGまで使用でき、音声通話も可能だそうです。月々18元のプランを例にすると、100MBを超えると従量制となり1MBごとに0.29元かかります。通話料は1分0.19元、メールは1通0.1元です。中国滞在中のみの使用なので、十分です。

中国移動(China Mobile)プリペイドSIMカード購入方法手順

1.中国移動の代理店で、スタッフさんにSIMカードが欲しいことを伝えます。
2.希望するプランを選びます。その後料金を支払います。
3.パスポートを提示し、住所など必要事項をスタッフさんがパソコンに登録してくれます。
4.本人確認のため、パスポートのコピー、および写真撮影をします。
5.SIMカードをスマホサイズに合わせてカットし、SIMカードを挿入し、完了です。

中国移動独自アプリ

中国移動のアプリをダウンロードすると、SIMカードにチャージして残っている料金や使用状況を確認することができます。データ容量を追加購入したい時は、このアプリから簡単に購入することができますし、利用プランを変更したい時もアプリで行うことができます。

アプリにログインするためには番号を入力し、スマホに送られてくるパスコードを入力しなければなりません。アプリにログインできると、スマホにログインした知らせが届きます。少し面倒ですが、セキュリティーのために必要な手順です。安心して使用することができます。

中国移動(China Mobile)プリペイドSIMカードを使用してみた感想

4Gプランだったので、ネットがサクサクです。ただ、無料通話料金が含まれていないので、話過ぎるとあっという間にチャージしたお金が無くなってしまうことに気付きました。もし長い滞在を考えているようなら、無料通話込みプランの方がお得かもしれません。でも、中国滞在中いつでもネットにアクセスでき、通話もできたのでとても便利でした。

まとめ

中国国内でプリペイドSIMカードを買う場合は、中国語が話せたほうがスムーズです。都市部は英語が通じるスタッフがいるかもしれませんが、中国人の同行者がいれば、通訳してもらいながら購入する方法がおすすめです。

事前にプリペイドSIMカードを用意しておきたい場合や最初に書いたようにLINE, Goole関連サービス(Gメールなど)、Facebook、Twitterが利用できませんので、これらSNSやGoogleを中国でも利用されたい方は、海外WiFiレンタルのVPN対応機種のレンタル、またはSIMフリーのスマホを持っている方は、香港China Unicom等のプリペイドSIMカードを海外旅行または海外出張前にAmazonなどで買う方法もおすすめです。

★最後までお読みいただきありがとうございました。ブログランキングに参加していますのでクリックしていただけると助かります。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ