海外に携帯を持っていく前に|パケ死や高額請求されない方法

Sponsored Link

海外出張や海外旅行の時に高額請求されたというニュースをたまに聞きます。確かに海外滞在中に日本と同じように電源を入れてメールや電話をしていれば、パケット通信料や国際電話が高いので高額請求されます。

そのため、海外でWiFiなどインターネットや電話を利用すると高額請求をされるとイメージされているため、海外滞在時は、WiFiや電話を控える方も多いでしょう。

ただ、最近は選択肢も増えているのでこのページでは、高額請求されないための利用方法をまとめてみました。

・国内の携帯電話会社で購入したスマホなどの携帯電話は海外でもそのまま利用できます。ただ、従量制の国際ローミングになるので、通話料金と着信料金がかかります。

そのため、利用国や通話時間により高額請求される可能性があります。また、回線の音質も国によりよくないことも多いです。途中で切れることもしばしばです。
海外から電話をしたい場合は、WiFi環境で毎月324円の基本料金がかかりますが、050lusのようなIP電話やSkype, Lineの通話やチャットがおすすめです。

海外でWiFiを利用するおすすめな方法は、

1.空港、駅、カフェ、ホテルなどの無料・有料WiFiスポット

2.海外用WiFiルーターのレンタル

ご自分の携帯電話は海外でも使いたくない方は、携帯電話をネットで申し込んで、レンタルする方法もあります。または、別のページでも書いていますが、SIMフリーのスマホまたはWiFiルーターを事前に準備(購入)して、旅行先でSIMカードを買う方法もあります。

その場合は、事前にSIMカードが販売されている場所や料金プラン、自分の端末が訪問国の周波数に対応しているかなどを確認しておく必要があります。簡単なのは、やはり、ホテルでWiFiができるところに泊まったり、WiFiルーターをレンタルする方法ですね。




コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ