ホーチミン空港プリペイドSIMカード購入方法まとめ

Sponsored Link

2018年8月にベトナム・ホーチミンに出張したときにホーチミンタンソンニャット国際空港でプリペイドSIMカードを買ったので、購入方法をまとめてみました。

いつも書いていますが、出発前に通信手段を確保されたい場合は、ベトナム向け海外WiFiレンタルがおすすめです。滞在日数や申し込み時期により空港でプリペイドSIMカードを買うよりも安い場合があります。今回は、プリペイドSIMカードの買いましたが、グローバルWiFiでWi-Fiルーターをレンタルしていきました。

ホーチミンタンソンニャット国際空港でプリペイドSIMカードを買える場所は?

ホーチミン空港のSIMカード売り場
今回の出張でベトナム航空を利用。ターミナル2に到着し、出口から右側に両替とmobifoneとViettelのプリペイドSIMカードが買えます。SIMはいろいろな店舗で買えますが、私はいつも携帯電話会社の店舗で買っています。

ViettelプリペイドSIMカード価格表
Viettel店舗のプリペイドSIMカードの価格表。私は通話もしたいので300,000ドンのプリペイドSIMカード(60分の通話と2GBまで4Gが利用できる)を買いました。

しかし、Viettelの4Gで通話付きでデータ通信無制限のSIMカードを買ったつもりでしたが、実際はViettelではなくMobifoneのプリペイドSIMでした。


VittelのプリペイドSIMカードを買ったつもりが、mobifoneのSIMでした。Viettelのほうがデータ通信は評判がいいと聞いていたので残念。

プリペイドSIMカード購入方法まとめ

1. 店舗でSIMカードを買うことを伝える。店員さんの呼び込みもあります。店舗に入ると、データ通信のみか通話の必要か聞かれるので、価格表の中から好きな料金プランを選ぶと、本体にSIMカードを入れてくれます。

2. パスポートを見せる

3. データ通信ができるか確認して問題なければ、料金を支払います。私は通話付きでデータ通信2GBまで4Gで300,000ドン(約1,400円)でした。電話番号は、SIMカードに書かれています。

MobifoneのAPN設定は?

空港で買えば、APN設定(開通作業)を店員さんがやってくれますので、不要ですが再設定が必要になった場合のAPNは、以下になります。

mobifoneのAPN
空港で買えば、店舗で使えるように設定してくれるので不要ですが、MobifoneのAPNは、m-wapのみであとはブランク

APN名:任意で(写真ではmobi)
APN: m-wap
それ以外は未設定

mobifone開通後のメッセージ
開通後のメッセージ

Viettelとmobifoneの店舗以外でプリペイドSIMカードを買う方が安い?

今回は、空港内にあるViettelの店舗でプリペイドSIMカードを買う方法をまとめましたが、レンタカーなどので店舗でもプリペイドSIMカードが買えるので料金を確認してみました。


上の写真の店舗でmobifoneのプリペイドSIMカードは、220,000ドン(日本円で約1100円)で2プランあります。

1つは毎日1日4GBを50日間合計200GB使うことができます。電話もMobifone同士は無料で他のキャリアとの通話でも50分間ついています。

2つ目は6GBを使用期限がなく使えます。これも60分間の電話、30分の国際電話がついています。

Vittleは4つプランがあります。
1. 150,000ドンで7日間で2GB使え7日目をすぎると使用できなくなります。追加2万ドンで電話機能も使用できます。

2. 200,000ドンで無期限で5GB使用できます。電話は3万ドンで使うことができます。

3. 220,000ドンで30日間毎日2GB使えるプランで電話は1万ドン追加で50分できます。

4. 180,000ドンで5.5GBを無期限で使用できますが電話はできないブランなどがあります。


料金表の写真

となりのカウンターでは、写真のように

1. mobifoneは250,000ドンで60日間毎日4GB使えるプランがあります。

2.Viettelは100,000ドンで7日間で合計2GB使えるプランと250,000ドンで1日2GBを30日間使えるプランがありました。

店舗により値段が違うので、時間がある方は、各店舗で比較してから購入してもよいでしょう。短期滞在の方は、空港内のキャリア店舗で買うよりは安いです。1週間以内の滞在でしたらおすすめは、Viettelの2GB/7日のプランでしょうか?

以上となります。今回はネットもメール、LINEも安定して使えたので、SIMフリーのスマホを持っている方は、空港などでプリペイドSIMカードを買う方法もおすすめです。

空港で待つのが嫌な方や、出発前に通信手段を確保されたい場合は、滞在日数によりプリペイドSIMカードより安い場合もあるので、ベトナム向け海外WiFiレンタルがおすすめです。




コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ