海外WiFiレンタルまるわかり

海外Wi-Fiレンタルまるわかりについて

当サイトは、海外出張や海外旅行される方に海外WiFiレンタルの料金比較と使い方、海外WiFiレンタル以外の一般的な海外WiFi接続方法をまとめているサイトです。海外WiFiレンタルについては、正規代理店ですので割引価格またはキャンペーン価格でお申込みできます。

私の海外Wi-Fi、データ通信、インターネット接続方法は?

海外でのWiFi、データ通信、インターネット接続方法ですが、わたしが海外滞在時に日本や現地取引先と通信するときに主に利用している方法は、以下になります。

海外WiFiレンタル
SIMフリーのスマホを持っていき、プリペイドSIMカードを買う。
ホテルの無料Wi-Fi

緊急用で以下も利用することも。
海外パケし放題など携帯電話会社の海外定額パケットサービス
自分のスマートフォン(iPhone)で電話(国際ローミング)、または携帯電話のレンタル

海外でのWiFi接続方法としては、上記の接続方法が一般的です。海外でのWiFi接続に慣れていない方は、このサイトで紹介している海外用WiFiルーターのレンタルが簡単なのでおすすめです。セキュリティを考えると、ホテルの無料WiFiや無料WiFiスポットよりも安全です。

東南アジアなどプリペイドSIMカードを空港で簡単に買える場合は、SIMフリーのスマホやタブレットを持っていき、購入する方法もおすすめです。

空港で買う場合は、使えるように設定してくれるところも多いです。出張の場合は、メールや電話は必要ですので、複数の通信手段を確保されるとよいでしょう。このサイトでは、簡単に購入できるプリペイドSIMカードの口コミレビューもまとめています。

接続の安定性とインターネットのセキュリティを考えると、海外WiFiレンタルがおすすめです。また、旅行者用のプリペイドSIMカードを買うために空港や市内を探し回る必要もありません。

目次
海外WiFi設定方法まとめい方
iPhone海外設定方法
Android(アンドロイド)スマホ海外設定方法
海外Wi-Fiレンタル設定方法
ノートパソコンにWi-Fiルーターを接続する方法
iPhoneなどスマホ、タブレット、ノートパソコンを海外で使う一般的な接続方法まとめ
海外Wi-Fiレンタル
空港、ホテル、カフェ、公共施設など無料Wi-Fiホットスポット
旅行者用プリペイドSIMカード
購入型Wi-Fiルーター、グローカルネット/Glocal Net
海外パケ放題など海外パケット定額サービス
海外では電話(通話)しか利用しないなら

海外WiFi設定方法まとめ

海外でiPhoneやAndroidoスマホ、タブレット、ノートパソコンを使うための設定方法をまとめてみました。まずは、海外でWi-Fiを利用するために機内モードの設定方法を確認しておきましょう。WiFiルーターをレンタルされると、設定方法や注意事項の冊子も入っていますので、レンタル後は必ず読みましょう。

iPhone海外設定方法

1.設定→モバイルデータ通信→モバイルデータ通信のオプション→データローミングをオフ
iPhone海外設定1
データローミングがオフになっていることが確認できたら、飛行機に乗る前に機内モードにしておきましょう。

2.設定→機内モードをオン。または、画面下端から上にスワイプすると設定画面から機内モード、WiFiのオン・オフの切り替えができます。
iPhone海外設定2-1iPhone海外設定2-2

3.海外WiFiを利用する場合は、現地到着後にWiFiのみオンにします。
iPhone海外設定3

Android(アンドロイド)スマホ海外設定方法

iPhone同様にアンドロイドのスマホやタブレットを使う場合は、高額請求を防ぐためのデータローミングがオフになっているかを確認しましょう。そして、機内モードにすることです。

Google Pixel 3a(OS:Android9)を例にすると、

1. 設定→ネットワークとインターネット
Android(アンドロイド)スマホ海外設定1

2.飛行機に乗る前に機内モードをONにする(Wi-Fiもオフになりますが、念のためWi-Fiもオフになったか確認)
Android(アンドロイド)スマホ海外設定2
3.現地到着後にWiFiのみオンにします。

海外Wi-Fiレンタル設定方法

現地到着後にスマホのスイッチを入れてWi-Fiをオンにします。そして、レンタルしたWIFIルーターのスイッチを入れます。たぶん、1分程度で起動すると思います。

1.Wi-Fi機器(SSID)を選択して、本体に貼ってあるパスワードを入れれば接続できます。
海外WiFiレンタル設定方法
本体にパスワードのシールが貼られています。

これで移動中もWiFi環境の中でメールなどを利用できます。あとは、機種によりWiFiルーター自体4時間程度しかバッテリーがもたないので、利用するときだけスイッチを入れるなど、こまめにスイッチを切ると良いでしょう。

ノートパソコンにWi-Fiルーターを接続する方法

ノートパソコンWi-Fi接続方法
1.①Wi-Fiマークをクリック
2.Wi-Fiルーターのスイッチを入れて、SSID(ルーター名) をクリック
3.本体に表示されている接続パスワードを入力

次へをクリックすると接続完了です。

iPhoneなどスマホ、タブレット、ノートパソコンを海外で使う一般的な接続方法まとめ

当サイトでは海外WiFiレンタルを推奨していますが、海外でiPhoneやAndroidスマホ、タブレット、ノートパソコンを海外で使う方法を簡単にまとめてみました。

海外Wi-Fiレンタル

グローバルwifiのレンタルwifi

現地到着後にすぐにデータ通信ができるので人気。日本語でのサポート、取説もあるので使い方も簡単なので特に機器の設定に慣れていない方にもおすすめ。国によりAmazonや現地でプリペイドSIMカードを買うよりも安い場合もあります。

接続できる機器 WiFiが利用できるスマホ、タブレット、ゲーム機、ノートパソコン
海外WiFiレンタルメリット ・到着後にすぐデータ通信が利用でき、1台のモバイルWi-Fiルーターを共用できる。
・渡航日数により、プリペイドSIMカードよりも安い場合も。
・データ容量が多いプランもある。
・日本語サポートもあるので安心。
海外WiFiレンタルデメリット ・使わなくても料金が発生する。
・レンタルなので受取と返却をする手間がある。
参考ページ:海外WiFiレンタル料金比較

空港、ホテル、カフェ、公共施設など無料Wi-Fiホットスポット

チューリッヒ国際空港
空港、駅、ホテル、カフェのWi-Fiスポットで利用できる。空港やホテルは、場所により有料の場合もある。
接続できる機器 WiFiが利用できるスマホ、タブレット、ゲーム機、ノートパソコン
無料Wi-Fiスポットのメリット ・無料Wi-Fiスポットなら料金がかからない。
無料Wi-Fiスポットのデメリット ・無料Wi-Fiは、利用者が多いと接続が安定しない。
・セキュリティの問題がある。
・セキュリティの問題で事前に利用登録をしなければ使えないところが増えてきている。

旅行者用プリペイドSIMカード

海外プリペイドSIMカード

SIMフリースマホの普及で、海外出張や海外旅行者の利用者が増えてきている。このサイトでは、プリペイドカードのレビューも掲載しています。
接続できる機器 SIMフリーのスマホ、タブレット、SIMカードを入れられるノートパソコン
プリペイドSIMカードのメリット ・プリペイドで使い切りなので高額高額請求の心配もない。
・特にアジア地域では料金が安い。
プリペイドSIMカードのデメリット ・購入した場所によりAPN設定などを自分で行う必要がある。
・SIMカードを買って設定してもらうまでデータ通信ができない。
・欧米は、料金がWiFiレンタルより高い場合も。
・空港でプリペイドSIMカードが買えない国もある。
・日本で使っていた時のプロファイル(APN設定)を消さないとデータ通信ができない場合も。消すと帰国後に再設定しないと利用できない。
*テザリング(スマホをWi-Fiルーター代わりにする機能)が利用できるSIMカードならドコモ、au、ソフトバンクのSIMロックされたスマホ、タブレット、ゲーム機、ノートパソコンもスマホ経由でデータ通信を利用できます。

参考ページ:海外プリペイドSIMカード

購入型Wi-Fiルーター、グローカルネット/Glocal Net

グローカルネット
SIMカードの入れ替え不要のWi-Fiルーターとモバイル充電器が1つになった機器。サブ機での利用または海外出張が多い企業様におすすめ。

接続できる機器 WiFiが利用できるスマホ、タブレット、ゲーム機、ノートパソコン
グローカルネット/Glocal Netのメリット ・現地到着後すぐ利用できる。
・複数国周遊でもSIMカードの交換不要、モバイル充電器付と多機能。
・スマホの充電ができる
グローカルネット/Glocal Netのデメリット ・購入型なので、Wi-Fiルーターの購入代金と毎月基本料金400円の支払いが必要。
・海外渡航時は、データを購入する必要がある。
参考ページ:SIMカード交換不要の海外WiFiルーターGLOCAL NET(グローカルネット)とは?
3,000円割引になるクーポンも発行中。

海外パケ放題など海外パケット定額サービス

ドコモ、au、ソフトバンクが提供している海外用パケット定額サービス。料金は、980円/日~。
接続できる機器 契約しているスマホのみ
海外パケット定額サービスのメリット ・1日定額サービスもあり、・利用した日のみ請求される。
・専用のスマホアプリがある。
海外パケット定額サービスのデメリット ・データ容量が少ない。
・1日定額以外は、2,980円/日と料金が高い。

一般的な海外でWi-Fi(データ通信)を利用する方法をまとめてみました。通話も利用したい方は、LINE電話、050+、Skype電話を利用する方法もあります。 最後に私が海外へ行くときは、以下の方法でWi-Fiを利用しています。
海外Wi-Fiレンタル
プリペイドSIMカード またはグローカルネット
無料Wi-Fiスポット
以前は、緊急用でソフトバンクの海外パケし放題を使えるようにしていましたが、現在契約しているスマホは、SIMロックを解除したので上記3つの方法でWi-Fiを利用しています。

海外では電話(通話)しか利用しないなら

海外では、メールやネットはやらない。電話だけできればよいという方は、以下の方法があります。

海外用携帯電話をレンタルする。
SIMフリーのスマホを持っていき、通話もできるプリペイドSIMカードを現地で買う。
利用できる国が限定されますが、海外用WiFiルーターをレンタルし、LINE電話や050+などIP電話を利用する。
私の場合、電話も利用するので、スマホが普及する前は携帯電話をレンタルすることもありましたが、現在は、050+または現地でプリペイドSIMカードが買えるなら通話付きのプランを選んでいます。

参考ページ:海外格安携帯電話

サイトとブログ更新情報