ウクライナ・キエフでのlifecellのプリペイドSIMカード購入方法まとめ

Sponsored Link

ウクライナのキエフに在住の方に協力してもらい現地でのプリペイドSIMカード購入方法をまとめています。

まず、ウクライナの携帯キャリアは、Lifecell、Vodafone、Kyivstarの3社です。キエフ・ジュリャーヌィ国際空港でもLifecell、Vodafone、Kyivstar3社のプリペイドSIMカードが買えますが、今回はlifecellの店舗での購入方法をまとめています。

lifecellのプリペイドSIMカード購入方法

ウクライナ各携帯キャリアショップの営業時間は、平日が10:00から21:00、土日が11:00から21:00が一般的です。また、スーパーマーケットや小売店のレジ横コーナーでもSIMカードが売られています。lifecellで購入の場合、通話時間が750分可能でデータ通信料が2GB,5GB,10GBの3種類のSIMカードが販売されています。
*2018年4月現在。

キャリアショップで購入の場合、受付カウンターで購入したいSIMカードを伝え、代金をクレジットカードか現金で支払います。スタッフは英語が話せる方が多いです。ちなみにパスポートの提示は必要ありません。SIMカード購入後使用する際は、SIMカードを開封後に切り離し、スマートフォンに入れ記載されているPINコードを入力すれば、すぐに使用できます。電話番号もPINコードが記載されているSIMカードに載っています。

lifecellプリペイドSIMカードの料金は?

lifecellで購入の場合、通話時間750分でデータ通信が5GB使用可能なプリペイドSIMカードは100グリブニャ(ウクライナ現地通貨、1グリブニャ約4円)日本円で約400円と日本やたのヨーロッパ諸国と比べると格安です。

価格帯はデータ通信量よって変わり、80から140グリブニャ(日本円で約320円から560円)です。基本的にはウクライナ国内のみ使用可能です。SIMカード購入後、携帯キャリアからSNSメールが届きますが全てロシア語で記載されています。

SIMカードの使用期限や、トップアップ(チャージ)方法等が届いたSNSメールに記載されていることがあります。トップアップ方法などは、各携帯キャリア店舗へ行き、店員にトップアップしたいことを伝えれば、手続きをしてくれます。

SIMフリーのスマホがなく、日本で使っているスマホをそのまま利用したい場合や現地でプリペイドSIMカードを買うのが面倒、時間的に余裕がない、英語やロシア語が話せないという方は、渡航前に海外WiFiレンタルの周遊プランを検討しましょう。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ