海外のWiFi環境でソフトバンクのiPhoneを使う方法

Sponsored Link

このページでは、ソフトバンクで契約しているiPhoneを海外でWiFiするときの設定方法や注意点をまとめています。

iPhone6sゴールド

iPhone6sゴールド

準備編
1. 海外パケし放題を利用するなら、iPhone用アプリをインストールしておきましょう。料金は、1日1,980円から2,980円になります。

ただ、海外パケし放題の料金が高いので私は、非常用の通信手段として準備しています。今まで、ほとんど利用したことはありません。

2. このサイトで紹介している海外用WiFiルーター(ポケットWiFi)をレンタルするなら事前にネット予約がおすすめです。

海外用WiFiルーターをレンタルする場合、空港受取や宅配受取も可能です。料金は、海外パケットし放題より安いのでおすすめです。設定も簡単で到着後にすぐ利用できるので便利です。

海外WiFiレンタル料金比較ページ

3. SIMフリーのWiFiルーター(ポケットWiFi)を用意して現地でプリペイドSIMカードを購入する方法もあります。私もよく利用する方法です。

プリペイドSIMカードを日本で買う場合、現地空港やお店で買う場合もあります。APN設定やSNSでの接続設定など必要なのと現地の料金を事前に確認しておく必要があるので、中上級者向けのサービスです。

ちなみに、ソフトバンクのiPhone(ドコモやauも含む)は、SIMロックされており、ソフトバンク以外のSIMカードをiPhoneに入れてもデータ通信ができませんので、別途WiFiルーターを用意する必要があります。または、SIMフリーのスマホなどを持っていれば、テザリングする方法もあります。

IPhone6s

出発前
4. 飛行機に乗る前に機内モードに設定しましょう。

到着後
5. 機内モードを解除しないで、到着後にWiFiのみオンにします。この状態でしたら、無料WiFiスポットにも接続可能ですが、セキュリティ面で注意が必要です。ホテルのWiFiでしたら、少し安心できます。ホテルでも無料でWiFiができるところが増えています。

6. WiFiルーターをレンタルまたは、SIMフリーのルーターのスイッチを入れて、パスワードを入力すれば、データ通信ができるようになります。

参考ページ:海外WiFiレンタルの使い方

電話も利用したい方は、海外用携帯電話のレンタルも可能ですが、料金が高いので、Line電話や050plusなどIP電話をWiFi環境で利用すれば、格安で国際電話が可能です。




コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ