ミャンマー・ヤンゴン国際空港でプリペイドSIMカードを買う方法まとめ

Sponsored Link

ミャンマー・ヤンゴンへ旅行された方に協力してもらい、ヤンゴン国際空港でOoredooのプリペイドSIMカード購入方法や各携帯キャリアのプリペイドSIMカードの料金をまとめました。

出発前に通信手段を確保されたい方は、ミャンマー向け海外WiFiレンタルAmazonでもミャンマーで使えるプリペイドSIMカードが買えます。

ミャンマー・ヤンゴン国際空港でプリペイドSIMカードを購入できる場所は?

ミャンマー・ヤンゴン国際空港でプリペイドSIMカードを購入できる場所
ミャンマー・ヤンゴン国際空港でプリペイドSIMカードを購入できる場所

入国審査・税関を通過すると、銀行の名前を掲げた両替所が並んでいます。通信会社カウンターも一部あるので、ここでもプリペイドSIMカードの購入は可能です。

このあたりは出迎えの人、両替所に並んでいる人、SIMカードを買うために並んでいる人で、混んでいるように見えましたが、SIMカードの列に並んでいる人は少なかったです。

ここだけでなく、左側に少し進んだところにもSIMカードを購入できる場所はありました。ミャンマー携帯キャリア各社の料金をまとめると

telenorのプリペイドSIMカードの料金

両替できる銀行のカウンターの場所から左に移動したところです。

telenorとOoredooのプリペイドSIMカードが買えるカウンター(店舗)
telenorとOoredooのプリペイドSIMカードが買えるカウンター(店舗)

左側の青い看板、telenorの料金表です。4G LTEで、すべてのプランに15分間の無料通話が含まれているようです。ちょうど日本人と思われる2人組が、こちらでSIMカードの購入をしていました。

telenorのプリペイドSIMカードの料金表
telenorのプリペイドSIMカードの料金表

3.4GB (1.4GB + 2GB bonus) + 398 balance 3,500MMK(約260円)
5.2GB (3.2GB + 2GB bonus) + 198 balance 5,000MMK(約370円)
6.7GB (4.7GB + 2GB bonus) + 198 balance 6,500MMK(約480円)
7.7GB (5.7GB + 2GB bonus) + 198 balance 7,500MMK(約550円)
8.7GB (6.7GB + 2GB bonus) + 198 balance 8,500MMK(約630円)
12.7GB (10.7GB + 2GB bonus) + 198 balance 12,500MMK(約920円)
18.2GB (16.7GB + 2GB bonus) + 198 balance 17,500MMK(約1290円)

OoredooのプリペイドSIMカードの料金

telenorの隣にある赤い看板、Ooredooの料金表です。Tourist SIMとなっており、30日間の4G SIMのプランがいくつかありました。

OoredooのプリペイドSIMカードの料金表
OoredooのプリペイドSIMカードの料金表

2.2GB (1GB + 1.2GB Free) + 222 MMK Main Balance  2,500MMK(約180円)
3.1GB (1.9GM + 1.2GB Free) + 422 MMK Main Balance 3,500MMK(約260円)
4GB (2.8GB + 1.2GB Free) + 422 MMK Main Balance 4,500MMK(約330円)
5.8GB (4.6GB + 1.2GB Free) + 722 MMK Main Balance 6,500MMK(約6500円)
10.5GB (9.3GB + 1.2GB Free) + 722 MMK Main Balance 11,000MMK(約810円)
19.8GB (18.6GB +1.2GB Free) + 722 MMK Main Balance 20,000MMK(約1480円)

MPTのプリペイドSIMカードの料金

写真の黄色い看板の店舗が MPT です。

税関を抜けて、すぐあった、黄色の看板で青い字のMPTの料金表です。

MPTのプリペイドSIMカードの料金
MPTのプリペイドSIMカードの料金

3.5GB+50分の通話+4G LTE SIM 5,000MMK(約370円)
7GB+50分の通話+4G LTE SIM 8,500MMK(約630円)
15GB+50分の通話+4G LTE SIM  16,500MMK(約1200円)
25GB+50分の通話+4G LTE SIM  26,500MMK(約1960円)

*上の料金は、2019年2月現在の料金と概算の為替レートです。

プランによってはタオルやボトルがもらえるようですが、普通の観光であれば50分の通話は必要ないですね。

OoredooプリペイドSIMカード購入方法まとめ

料金表を見ていると、Ooredooのスタッフに話しかけられ、特にこだわりもなかったので、ここで買うことにしました。

滞在日数を伝えると、3.1GBで3,500 MMK(約260円)のプランと、4GBで4,500 MMK(約330円)のプランを勧められたので、3.1GBのプランを選びました。OoredooプリペイドSIMカード購入方法をまとめると

1.言語設定を英語にしておいたiPhoneをロック解除してスタッフに渡します。
2.パスポートも渡し、現金で支払いをします。
3.その間にスマホを使えるように設定してくれます。

料金は表のまま3,500MMKでした。iPhoneに入っていたSIMカードはセロテープに貼って渡してくれます。設定済みのiPhoneが返却され、その場できちんと接続できることを確認したら、購入完了です。

まとめ

3日間の旅行で、ほぼ1日中グーグルマップを使ったり、配車アプリのGrabを使ったりしましたが、特にストレスを感じることなく使用することができました。

また、一度Wi-Fiに接続せず、日本にいる友人とLINEを使い無料通話をしましたが、こちらも問題なく通話ができました。今回みた値段では、数日間の観光であれば、税関をでて左側にある、telenorかOoredooが最適だと思います。

出発前にデータ通信を確保されたい方は、 ミャンマー向け海外WiFiレンタル Amazonでもミャンマーで使えるプリペイドSIMカード が買えます。海外WiFiレンタルについては、正規代理店割引価格で料金が比較できる海外WiFiレンタル料金比較のページをご覧ください。




コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ